イベントレポート

イベント風景
日本化粧品技術者会発足60周年記念講演会
日本化粧品技術者会発足60周年を記念しての講演会が、2008年2月26日、パシフィコ横浜会議センターにて開催された。当日の参加者は400名を越え、講演に対する期待の高さがうかがえた。
第一部は「QOLと化粧品」をテーマとして、化粧文化教育の現状について大阪樟蔭大学の村澤先生より、化粧の心理行動的効果と社会的有用性について同志社大学の余語先生より、そして免疫機構から考える炎症性加齢について桐蔭横浜大学の後藤先生より、ご講演いただいた。3人の先生方は、それぞれ教育や研究の場における最前線の情報を分かりやすく解説して下さり、時間が短く感じられる程、充実した内容であった。
「暗黙知の継承」をテーマとした第二部では、人づくりの重要性について東大阪宇宙開発共同組合の竹内先生より、また、宗教学者の立場からとらえた「死」について国立歴史民俗博物館名誉教授の山折先生より、ご講演いただいた。仕事観、人生観にうったえかる内容で、心に響く内容であった。
また講演会の後には、会場をヨコハマグランドインターコンチネンタルに移して、祝賀パーティーが催された。経済産業省、厚生労働省、日本化粧品工業連合会からの祝辞に加えて、熊野会長、光井名誉会長、尾澤名誉会長からは、技術者会の歴史を感じさせる挨拶があった。祝賀パーティーは大変賑やかに且つ和やかに進行し、中締めが行われた19:30時点まで、多くの参加者が残っていたことも、本会の成功を示す一つの表れかと思われた。
 
 

イベント情報

【本部】日本化粧品技術者会 発足60周年記念講演会

 日本化粧品技術者会は1947年に設立以来、今年で60周年、人間で言えば実に「還暦」を迎えました。これを記念いたしましてセミナー委員会では「日本化粧品技術者会発足60周年記念講演会」を開催することにいたしました。
 この講演会は通常のセミナーとは一線を画し、業界外でご活躍中の5名の先生方をお招きして様々な角度からご講演を頂くことになっております。

 第一部は「QOLと化粧品」と題して、化粧を文化面、心理面、免疫面から捉えたご講演を村澤先生、日比野先生、後藤先生に各々お願いし、また第二部は「暗黙知の継承」と題し、人工衛星打ち上げを目的としている東大阪宇宙開発共同組合の竹内理事長さんによる「技術の継承」に関するご講演、更に哲学者・宗教学者として著名な山折先生による「生死のきわ」で死を恐れる人間が、何故納得して死に臨むことが可能となるのかといった「人生における継承」に関するお話をしていただくことになっております。

 今後、皆様方が化粧品を開発され、またその技術を継承していかれるうえで、必ずやお役にたつものと考えておりますので、是非奮ってご参加いただきたいと思います。
 また講演後には講師の先生方も含め、発足60周年記念の祝賀パーティーも企画しておりますので、こちらにも是非ご参加いただきたいと思います。
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「シニア会員」「正会員代理」「一般の方」
が参加できます
 
期 日 2008年02月26日(火)
午前 10:00 〜 午後 19:30 (受付開始10:00〜)
会 場パシフィコ横浜会議センター3階 301〜304号室
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1
講 師 講演(1) QOLを高めるための化粧文化教育を考える
大阪樟蔭女子大学教授 村澤 博人先生



講演(2) 「化粧についての感情心理学・臨床心理学・発達心理学からのアプローチ」

神戸親和女子大学教授 日比野英子先生



講演(3) 免疫機構が加齢を支配する-早老症研究からの考察

桐蔭横浜大学教授 後藤 眞先生



講演(4) 人工衛星プロジェクト〜本命ミッションは人づくり〜

東大阪宇宙開発共同組合(SOHLA) 理事長 竹内 修先生



講演(5) 「こころ」をととのえ、「からだ」をととのえる

国立歴史民俗博物館名誉教授 山折 哲雄先生
参加費用 SCCJ会員 8,000円  一般 8,000円
懇親会費用 SCCJ会員 無料  一般 無料
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 日本化粧品技術者会 本部事務局

TEL:045-590-6025 FAX:045-590-6093
 戻る