イベントレポート

イベント風景
大正製薬蠅任粒詰彑睫世鮗ける参加者
2008年5月28日(水)、東京支部渉外部会主催の技術見学会を開催しました。見学先は大正製薬株式会社大宮工場(埼玉県さいたま市北区)と鉄道博物館(埼玉県さいたま市大宮区)。
 今回は都内近郊の見学会でしたので、東京駅集合バスグループと大宮駅集合埼玉新都市交通(ニューシャトル)利用組の2グループに分かれて現地に赴きました。ニューシャトル利用者は普段、JRや地下鉄には乗ったことがあってもニューシャトルは初めて、という方も多かったのですが、集合場所、受付なども混乱無く順調なスタートを切ることが出来ました。
 大正製薬蠡腟楾場で合流した2グループはまず執行役員生産本部長の野崎征彦氏より大正製薬の概要及び大宮工場の概要について説明を受けました。その後、4グループに分かれ内服薬の製造から仕上げまでの生産ラインを見学しました。2005年に廃棄物ゼロ・エミッションを達成し、かつオートメーション化を多岐にわたり導入した先進工場で、勉強になることが多くありました。また見学の途中で、工場内や通路ですれ違う従業員の皆さんより、気持ちの良い挨拶をいただき、心温まりました。
 セミナーホールに戻った後、質疑応答では普段化粧品製造に携わる参加者から数多くの質問が出ましたが、1つ1つに懇切丁寧に回答していただき、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
 午後からは鉄道博物館に移動し、まず昼食。館内で販売されている駅弁を食べました。館内の休憩コーナーや展示列車の車輌の中で食べることができ、ちょっとした旅行気分を味わうことが出来ました。館内は平日にもかかわらず大人(特に年配者)から子供まで、多くの見学者がいました。私達技術者会のメンバーも、中には昔を思い出しながら、また、国鉄時代を知らない若手メンバーもそれぞれがそれぞれの思いにふけりながら感激、感嘆の声を漏らしていました。
昔の車輌や展示品を見学するだけでなく、ラーニングゾーンでは鉄道の動作原理を勉強できたり、体験コーナーがあったり、時間を忘れて楽しむことが出来る(童心に返ることが出来る)場所でした。
その後午後3時30分に鉄道博物館を出発し、バスで帰路につきました。(一部現地解散された方もいらっしゃいました。)
今回は非常に盛況で、定員80名に対し100名以上の応募があったため、お断りをさせていただいた数十名の方々には申し訳ありませんでした。
次回143回は今秋(11月頃)に北関東方面の見学を予定(調査検討中)しています。参加者全員に楽しんでいただける見学会を企画しますので次回も皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。 (渉外部会)

【参考】
・大正製薬蠡腟楾場
  埼玉県さいたま市北区吉野町1-403
・鉄道博物館
  埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番
  http://www.railway-museum.jp/
 
 

イベント情報

【東京】第142回技術見学会(大正製薬工場&鉄道博物館)

イベント画像 リポビタンD・パブロン・大正漢方胃腸薬などの医薬品でお馴染みの大正製薬。その主力工場である大宮工場を見学します。当工場は2005年に廃棄物ゼロ・エミッションを達成した先進工場です。なお、参加費は東京発の専用バス乗車(3000円)、大宮駅集合の場合(2000円)となります。(東京支部渉外部会主催)
■見学概要
(1) 大正製薬蠡腟楾場(さいたま市北区)10:00〜12:00
○ 工場概要説明
○ 工場見学:製剤1号棟(ドリンク剤製造)製剤2号棟(内服剤・錠剤)
(2) 鉄道博物館(さいたま市大宮区)12:30〜15:30(昼食含む)
<自由見学>
○ヒストリーゾーン1F(鉄道の歴史と実物展示) ラーニングゾーン1F(体験学習) 他に
エントランスゾーン1F、パークゾーン屋外、コレクションゾーン2F、ノースウイング1Fなど
○第2回企画展「中央線ものがたり〜去りゆくオレンジ色の電車と変わりゆく町〜」(コレクションゾーン2F)
(写真参考:以前の技術見学会)

申込みは詳細資料をダウンロードして、東京支部FAX 03-3586-0833 へFAXしてください。
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「シニア会員」「正会員代理」
が参加できます
 
期 日 2008年05月28日(水)
午前 08:30 〜 午後 17:00 (バス集合:東京駅八重洲南口鍛冶橋駐車場08:30 
電車集合:大宮駅構内北西部端誌09:10)
会 場大正製薬(株)大宮工場&鉄道博物館
集合は東京駅八重洲南口または大宮駅
参加費用 SCCJ会員 3,000円  一般 無料
懇親会費用 SCCJ会員 懇親会はありません。  一般 無料
詳細資料
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 東京支部事務局

 戻る