イベントレポート

イベント風景
ご講演される市橋先生
日本化粧品技術者会大阪支部 講演会の活動報告をさせていただきます。

神戸大学の名誉教授であり、サンクリニックの院長である市橋正光先生に、『紫外線による皮膚損傷とその対策』という題目で講演を行なっていただきました。講演は、1.太陽紫外線とその特性、2.皮膚の急性反応:サンバーン、サンタンの発祥の機序、3.皮膚の慢性反応:シミ、シワ、腫瘍の発生機序、4.我々が浴びる紫外線量:光老化をおこさない量、5.紫外線対策:個人と公共、予防と治療、といった内容について、先生が現在までに行なわれた研究成果に、文献等で報告される最新の研究成果の報告をしていただきました。
特に、紫外線により障害を受けた遺伝子が皮膚に及ぼす影響については、臨床例を含めた先生ご自身の研究成果を中心に、興味深いお話をお聞きすることができました。現時点で太陽紫外線が皮膚に及ぼす影響について、全てが解明されていませんが、太陽紫外線が皮膚にシミ、シワを発生させる原因であることは間違い無く、紫外線防御等で太陽紫外線を上手くコントロールすることが大切であることの再認識を受けました。太陽紫外線が皮膚に及ぼす影響について科学的に解明し、子供のころから過度の紫外線を避けることの大切さを一般消費者に認知させたことは先生の大きな功績の一つと考えます。
先生には今後更なる研究を継続していただくことで、紫外線の皮膚に及ぼす影響を解明していただくことを期待すると共に、大阪支部としましては、各企業が今回の講演会を参考として、消費者がより安心して使用できる紫外線防御材の開発に力を注いでいただくことを期待します。今後もこのような講演会を通じて各企業の若手研究者、開発者の育成に役立てていたければ幸いです。

当日の資料を希望される方は事務局までお問合せ下さい。
 
 

イベント情報

【大阪】講演会

『 紫外線による皮膚損傷とその対策 』

紫外線による遺伝子DNA損傷が皮膚の急性反応および慢性損傷(光老化・皮膚がん)の引き金となる。DNA損傷は主にUVBで生じるが、近年UVAでも同様のピリミジン二量体が生じ、突然変異の原因となるといわれている。
さらに、UVで生じる活性酸素により、DNA塩基が酸化されるだけでなく、細胞膜を介したシグナル伝達により急性・慢性障害が起きる。光老化対策に、〇膤粟防御、DNA修復能亢進、3萓酸素消去、と乕羣挧Φ’宿螻茲重要である。
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「シニア会員」「正会員代理」
が参加できます
 
期 日 2008年09月03日(水)
午後 3:00 〜 午後 4:30 (受付PM2:30〜)
会 場大阪薬業年金会館
大阪市中央区谷町6-5-4
講 師 神戸大学 名誉教授 サンクリニック院長
市橋 正光 先生
参加費用 SCCJ会員 無料  一般 無料
懇親会費用 SCCJ会員 懇親会はありません。  一般 無料
詳細資料
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 日本化粧品技術者会 大阪支部事務局

TEL:06-6231-3459 FAX:06-6231-5769
 戻る