イベントレポート

イベント風景
第248回「学術講演会」会場風景
第248回「学術講演会」が11月10日アルカディア市ヶ谷にて2題のテーマで開催されました。
1題目は蟲般邱業所・研究室長の古塩氏より、「化粧品・トイレタリー用、プラスチック容器の現状と事例について」という演題でご講演頂きました。
吉野工業所の概要を説明頂き、主なプラスチック容器の種類と物性、ボトルの成型方法といった基礎的な内容から、最近市場で注目されている機能性ボトル(外層と内層の二重構造になったデラミボトルや各種の詰め替え容器、樹脂量を減量化した省資源対応ボトルなど)に対する、製法や技術的な特徴などを解説して頂きました。
また中味組成とのインターラクションに対する考察や、これから発展するであろうバイオマス原料についての展望など大変興味深いお話しをいただきました。容器材料に関しては、網羅的に解説頂く機会もあまりなく、今回は化粧品技術者にとって有意義な内容であったと思います。
2題目は、東京大学大学院工学系研究科社会連携講座の濱口哲也特任教授より「リスクマネジメントのための失敗学」という演題でご講演いただきました。
昨今の日本で起こった様々な防止できたはずの企業不祥事や大事故に関して、具体的失敗事例を交えながら、マニュアル化の弊害や組織分業の現実について問題提起をされました。
創造的な仕事に挑戦する時に失敗はつきものであり、そこから学ぶことにより再発防止だけでなく未然防止に繋がる。失敗の原因を考え、失敗情報を知識化することが重要であり、失敗の原因を考える際には、上位概念でその原因を考え、仮想演習することの重要性をお話いただきました。
講演の最後に、「想定内は強い!大失敗を未然に発明する優秀な発明者になってください」とのメッセージを頂きました。
今回ご講演いただきました「失敗学」や失敗学を発展させた「創造学」に関して、「皆様からの要望があれば喜んで講演します」とのコメントを濱口先生よりいただいております。当日配布しましたレジメに記載されたメールアドレス宛にご連絡をお願いいたします。
 
 

イベント情報

【東京】第248回「学術講演会」

イベント画像 今回は、2題のテーマについて「学術講演会」を開催致します。
1題は化粧品容器開発で重要なプラスチック容器について、過去から現在そして将来求められる容器のあり方について、解説して頂きます。
またもう1題は、研究開発や事業開発で新たな挑戦との背反で、避けて通れない“失敗”について、同じ失敗を繰り返さない方法、未然防止の方法、失敗知識の伝達・活用方法についてなど、興味深いお話しを伺います。
皆さまお誘い合わせの上、多数ご来聴いただきますようご案内申し上げます。(写真は前回の講演会風景)
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「シニア会員」「正会員代理」
が参加できます
 
期 日 2008年11月10日(月)
午後 1:30 〜 午後 4:20
会 場アルカディア市ヶ谷
東京都千代田区九段北4-2-25
講 師 ´蟲般邱業所研究室室長 古塩秀一氏
東京大学大学院工学系研究科特任教授 濱口哲也氏
参加費用 SCCJ会員 無料  一般 無料
懇親会費用 SCCJ会員 懇親会はありません。  一般 無料
詳細資料
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 日本化粧品技術者会 東京支部事務局

TEL:03-3586-0775 FAX:03-3586-0833
 戻る