イベントレポート

イベント風景
講演会全景(学士会館)
第249回「学術講演会」が2月18日学士会館で、152名(申込者187名)の聴衆を集めて、以下の2題のテーマで開催されました。
1題目は、螢ネボウ化粧品 基盤技術研究所 主任研究員の佐用哲也氏より、『細胞の母体としてのヒアルロン酸』という演題でご講演頂きました。ご講演の内容としては、細胞老化の様々な研究のご紹介の後、ヒアルロン酸の三つの効果(細胞シールド、細胞の移動・増殖・分化、水分保持・弾力性)についての解説をして頂きました。そして、生体内でのヒアルロン酸の代謝制御の可能性についての研究知見をご紹介頂きました。化粧品において、ヒアルロン酸は保湿剤としては、極めてポピュラーな成分ですが、生体内で細胞の母体としての機能と代謝のメカニズムについては、まだまだ未知の部分が多く、化粧品だけでなく医薬の分野においても、非常に興味深い研究テーマであると感じました。
2題目は、岡山大学資源生物科学研究所 准教授の杉本学氏により、『宇宙での生活に向けた宇宙植物研究最前線』という演題でご講演頂きました。ご講演の内容としては、マスコミやインターネットで有名になった「宇宙ビール」のお話から始まり、ロシア宇宙科学アカデミー生物医学研究所との共同研究についての解説、宇宙環境を模した各国の完全閉鎖系実験のご紹介、宇宙農業、植物の環境適応能力、宇宙開発技術のスピンオフ・オン等についてご説明を頂きました。宇宙ステーションでの実験風景、ロシアのロケット組み立て風景等、普通では見ることのできない貴重な映像を沢山ご披露して頂き、大変興味深い内容でした。宇宙での生活は、まだまだ先の話であると思っていましたが、2020年にアメリカ航空宇宙局(NASA)とロシア連邦宇宙局(RFSA)が月面に基地を建設する計画が開始されるとのことであり、宇宙での食物生産という研究は急務で重要なデーマであることが認識できました。また、植物が活性酸素類による環境ストレスに対し、植物ホルモンを介して様々な遺伝子やタンパク質の発現をコントロールして適応していく様は、化粧品の研究開発において、何らかのヒントにもなるのではないかと感じました。
 
 

イベント情報

【東京】第249回「学術講演会」

新春を迎え、会員各位におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
さて今回は、2題のテーマについて「学術講演会」を開催致します。
1題は「肌の老化防止」という永遠のテーマの中で、細胞の母胎として機能するヒアルロン酸に着目して、皮膚内でヒアルロン酸がどのように合成〜分解されていくか、その代謝研究の知見を紹介頂き、代謝制御剤の可能性についても触れて頂きます。
またもう1題は、宇宙環境で植物は生育出来るか、最近話題の「宇宙ビール(Space Barley)」など、国際宇宙ステーションを利用した最新の植物科学研究について、興味深いお話しを伺います。
 皆さまお誘い合わせの上、多数ご来聴いただきますようご案内申し上げます。
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「シニア会員」「正会員代理」
が参加できます
 
期 日 2009年02月18日(水)
午後 1:30 〜 午後 4:20
会 場学士会館(神田)
東京都千代田区神田錦町3-28
参加費用 SCCJ会員 無料  一般 無料
懇親会費用 SCCJ会員 懇親会はありません。  一般 無料
詳細資料
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 日本化粧品技術者会 東京支部事務局

TEL:03-3586-0775 FAX:03-3586-0833
 戻る