イベントレポート

イベント風景
フリーディスカッションの模様
第41回SCCJセミナー
テーマ:「スキンコンプレクション
−美しく魅せるための最新の技術と応用−」

2013年2月1日(金)
於:きゅりあん
参加者222名







講演 攅岷薛ヾ虧棉従陲涼粒个砲弔い董Х疎屬了つ情動的情報】
日本大学大学院文学研究科 高橋望 先生

 顔の表情は他者に好意を伝達する上で重要な役割を担っている。本講演では、他者との円滑なコミュニケーションを行うために重要な顔に焦点をあて、表情と呼ばれる顔の情動的情報について解説いただいた。顔面の湾曲性・開示性、眉や目の傾斜性、口の傾斜性といった形態変化が表情判断の視覚的情報次元になっていること、また快・不快や活動性という感情的意味次元と関連性があることなど、顔の情動的情報について貴重な実験データをもとに説明いただいた。メイクなどの化粧行為は、知覚される顔パーツの形態を変化させることから、化粧の下にある表情とは異なって知覚される可能性を示唆され、化粧により同じ表情でも他者への見られ方が異なる可能性を説明いただいた。他者に知覚される表情と化粧との関係性を知り、有効な化粧を行う上でも非常に有益な講演であった。
[螢離┘咼◆…撒鏐┗]



講演◆攣覲弌Ω・色―見るしくみと見せる技術―】
立命館大学 情報理工学部知能情報学科 教授 篠田博之 先生

 多様な照明手法や新しい光源の普及により、既存の尺度だけでは照明や視環境を適切に評価できない状況が増えている。本講演では人間の視覚・色覚特性につて光学的および心理物理学的な側面から解説いただいた。雰囲気重視の光環境評価のために心理的な尺度を取り入れた明るさ感指標、物体色の演出に関わる照明光の特性、同じ色を異なるデバイスから再現するためのカラーマネジメントシステム、加齢により起こる見え方の変化とそれを解決する彩度回復照明など、それぞれの特性および実用例についての多岐にわたる豊富な内容であった。また、色の見え方が変化する色順応については実演を交えて説明いただき、視覚特性の理解を深めることができた。新しい技術は古い尺度では適切に評価できないことがあり、新規のテクノロジーに合わせて新しい尺度や指標を考案することの重要性を具体例とともに紹介いただいた大変意義深い講演であった。
[螢離┘咼◆…撒鏐┗]



講演【シニア女性の若々しく生きいきと輝く肌と表情をつくる美容法の開発】
蟷饑呼押.螢機璽船札鵐拭次‖臘攴七 氏

 加齢とともに老化現象は、肌に顕著に現れてくる。しかし、同年齢であっても、老けて見える人と若々しく見える人がおり、見ための印象年齢の差は10歳以上にも及ぶ。この見ための老若、2群の肌調査の結果、実年齢以上に老けた印象に見える要素は「しわ」「たるみ」「肌色」の3つにあることがわかった。この老けて見える要素である「肌色」「たるみ」に関して、シミュレーション画像や顔の表情筋のメカニズムをまじえて分りやすくご説明いただいた。また、「肌色」改善のために有効な「リズム呼吸マッサージ」、及び「たるみ」改善のために有効な「フェースマッスルプログラム」については、動画を用いた、新たな美容法の提案という実践型の内容であり、製剤開発だけでない化粧品技術について学ぶ機会をいただけた、貴重な講演であった。
[螢魁璽察次 ̄山雅樹]



講演ぁ攸波の状態と見えの美しさについて】
花王蝓〜躪臠容技術研究所 岡田絵真 氏

 多くの女性は、自身の顔を美しく見せたいという願望を持っている。顔の美しさは、骨格やパーツ形状、そのバランスも重要だが、肌の美しさも非常に重要な要素のひとつである。本講演では、素肌の美しさの視覚的構成要素を、感性的要素(なめらか・透明感等)と肌状態要素(しわ・毛穴等)から表現する手法についてご説明いただいた。13歳から79歳の日本人女性201名から得られた情報を解析したところ、感性的様子の多くに頬のシワが大きく関与していること、また、肌荒れ因子、微細老化因子の両因子に対して頬のシワの負荷量が高いことから、素肌の見た目の美しさには頬のシワが大きく関与すると位置づけられる。これをもとに、実際に化粧品を使用した際の改善アプローチ例は、今後も新たな着眼点から肌の美しさをとらえる手法として期待が感じられる内容であった。
[螢魁璽察次 ̄山雅樹]



講演ァ敞を美しく見せるメイクアップ化粧料】
ポーラ化成工業蝓ヽ発研究部 坂ゆかり 氏

 肌を美しく見せるために使用されるベースメイク化粧料において、その機能の根幹を支えているのは粉体による光のコントロールである。肌状態を表現する感性的な言葉、例えば「透明感がある、みずみずしい」「くすんだ、キメが粗い」等を光という物理量に変換し、そのデータを活用して新素材、新製剤の開発を行うという手法が化粧品業界では行われている。本講演では、肌の光学特性から粉体を設計する手法について具体的な事例をもとにご報告いただいた。肌の皮溝皮丘によって生じる光の拡散に着目して設計した、ナイロン繊維粉体、人の角層の積層規則性による光沢感を再現するために設計した、ポリエステル−ナイロン積層粉体、また、肌の分光反射率のへこみに着目し、設計した異型断面を有する着色繊維粉体の開発事例は、いずれもオリジナル性が高く、メイク製品の製剤開発に有用なヒントとなる有益な講演であった。
[螢魁璽察次 ̄山雅樹]
        


講演Α撻肇譽鵐匹らみるきれいの変遷〜装いから日常、そして本質をつくり出す時代〜】
螢魁璽察叱Φ羹蝓仝Φ羇覯莠次)榲腸損 氏
 
 40年代から現代に至る社会背景や市場変化を振り返り、更に「肌」の変遷に焦点を絞り、過去30年におけるコーセーの発行している季刊誌を参照しながら、きれいの移り変わりについてご講演頂いた。例えば、肌づくりの変遷としては、80年代前半はしっかりとしたメイクが流行し、リキッドファンデーションが主として使用されていた。一方、80年代後半になるとパウダーファンデーションの使用者が増えてきた。その背景としては女性が自分の肌質や好みに合ったメイク選びをするようになったことと、化粧品製材技術の向上といった2つのことが影響しているとのこと。歴史を振り返り、まとめることにより、女性の美しさの基準の変化や化粧品の流行を生み出す要因は社会背景、生活様式、技術の進歩が影響し合っている事がわかり、今後は、デジタル技術向上の影響により、素肌の美しさを求める動きが引き続き続くとのこと。また、高齢者が年齢に合った美しさを求め、「シワがあっても魅力的な表情ジワであれば可」のように、ありのままの美しさを追求するのではないかという示唆を頂いた。
[螢淵螢慌従冑福〇内友広]



講演А擺蔽韻法屮レイ」を実現する顔画像センシング技術とその応用】
オムロン蟲蚕僉γ虜睨槁堯ゝ蚕儚発センタ 川出雅人 先生]

 画像センシング技術とは、人間の視覚が持つ情報処理能力に迫り、さらには人間の視覚では捉えるに困難な情報を処理することを目指し開発が進められている技術のことである。画像センシング技術の市場範囲は非常に広く、省エネ・ロボットの視覚などのヒューマンインタフェース市場、ドライバーの安全を守る車載機器市場、個人認証のセキュリティ市場、また身近なところでは我々が日常的に使用するスマートフォン、デジタルカメラやプリクラなどのデジタル画像機器市場など生活の様々なシーンに応用されている。本講演では、顔検出、顔認証、顔属性推定など、さまざまな顔画像センシング技術の概要・原理とその検出能力などオムロンの世界最先端の顔画像センシング技術とその応用をデモを交えてお話いただきました。中でも興味深かったのは、目や口等の顔の器官の位置を正確に検出する3Dモデルフィッティングという技術をベースにリアルタイムで笑顔度を推定するもので、撮影した画像から人の顔を高速で見つけ出し、その人の笑顔度(0〜100%で表示)をリアルタイムで測定する技術でした。近い将来、機械が人間の感情を読み取ることができる可能性を感じる大変意義深い講演であった。
[螢淵螢慌従冑福〇内友広]

 
 

イベント情報

【本部】第41回SCCJセミナー「スキンコンプレクション:美しく魅せるための最新の技術と応用」

イベント画像 第41回SCCJセミナー
スキンコンプレクション:美しく魅せるための最新の技術と応用


本セミナーは、化粧品を創るためのさまざまな分野からテーマを選定してまいりましたが、今回は「スキンコンプレクション:美しく魅せるための最新の技術と応用」と題して、化粧品の大きな目的のひとつである「美しく魅せる」ことに着目しました。「いかにして顔や素肌を美しく魅(見)せるか」を顔学、心理学、光学、工学および化粧品学から幅広い内容を取り上げ、大学から2名の先生および業界内外から5名の講師をお招きし、さまざまな側面から「美しく魅せる」最新の技術と応用についてお話いただきます。本セミナーの特色でもある講演後の講師の方々と直接議論するフリーディスカッションの時間も設定いたしました。講演内容について講師の先生方と直接議論いただくことで、聴講するだけでは得られない新たなヒントも発見できるものと思います。こちらにも奮ってご参加ください。
============================================================================================
【 講演者変更のご案内 】
プログラム10:05〜10:55「顔面表情の知覚について:形態の持つ情動情報」
日本大学 文理学部心理学研究室 山田寛教授の講演は、高橋望先生へ変更となりました。
※講演内容の変更はございません。
2013年1月29日更新
============================================================================================
【当日参加について】
お席に余裕がございます。当日参加ご希望の方は、会場8F「当日参加受付」へお申出下さい。
当日参加費(19,000円)と名刺2枚をご用意下さい。
※受付9:30〜開始予定
============================================================================================


講演内容等プログラムについては詳細案内・プログラムPDFPDFをご確認下さい。
参加申込用紙は参加申込書PDFPDFをダウンロードしご利用下さい。

【開催日】2013年2月1日(金)10:00〜17:40(受付開始9:30〜)
【会場】きゅりあん 8F大ホール/7Fイベントホール

【参加費】
SCCJ会員13,000円/代理参加※13,000円/一般19,000円/当日参加(会員・一般 共)19,000円
※代理参加とは…正会員1名が不参加の場合、代理人1名が代理参加をご利用になれます。

【申込方法】
添付の申込用紙に必要事項をご記入の上、FAX(045-590-6093)宛にお申込下さい。
参加申込:2013年1月18日(金)締切
参 加 費:2013年1月25日(金)締切

※申込〆切日を過ぎてからの参加申込は、会員一般ともに当日参加費となります。
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「シニア会員」「正会員代理」「一般の方」
が参加できます
 
期 日 2013年02月01日(金)
午前 10:00 〜 午後 17:40 (受付09:30〜予定)
会 場きゅりあん(品川区立総合区民会館)
東京都品川区東大井町5-18-1
http://www,shinagawa-culture.or.jp/
講 師 日本大学 文理学部心理学研究室 山田寛教授/立命館大学 情報理工学部知能情報学科 篠田博之教授/蟷饑呼 大坪充恵氏/花王 岡田絵真氏/ポーラ化成工業 坂ゆかり氏/螢魁璽察叱Φ羹 本田佳子氏/オムロン 川出雅人先生
参加費用 SCCJ会員 13,000円  一般 19,000円
代理参加とは・・・正会員が不参加の場合、1名につき代理1名が会員料金での参加ができます。

※申込期限内に申込されていない場合には、会員であっても当日参加扱いとなり一般料金となります。
懇親会費用 懇親会費は参加費に含まれます。
詳細資料
スケジュール
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 日本化粧品技術者会

TEL:045-590-6025 FAX:045-590-6093
 戻る