イベントレポート

イベント風景
水野 雅史先生
9月3日(水)に大阪薬業年金会館において、第200回の大阪支部の講演会が開催されました。今回の講演会は『食品に含まれる機能成分による腸管免疫制御機構』と題し、多糖類による炎症性腸疾患の制御機構を中心とした講演を頂きました。参加者は71名で、特定保健用食品等の機能性食品が注目されている中、難しい専門的な内容ではありましたが、ご講演の後の質疑応答は予定の時間を過ぎるほど活発に行なわれ、熱気に包まれた雰囲気の中、充実した大変有意義なご講演でした。

炎症性腸疾患は厚生労働省で登録されている特定医療疾患、いわゆる難病と呼ばれている疾患の一つで、下痢、腹痛、発熱の症状を示す病気です。原因は必ずしも解明されていないものの、食物環境の変化が原因とも言われ、患者数は増加傾向を示しています。炎症性腸疾患は、大腸の腸壁が厚くなる潰瘍性大腸炎(UC)と、腸壁が薄くなるクローン病(CD)に分類され、患者の腸管粘膜付近では活性化した免疫細胞の増加が見られます。そこで、炎症状態にある生態内で腸管粘膜を模した系として、LPS処理によって活性化したマイクロファージ様培養細胞と腸上皮培養細胞による共培養系によりin vitroでの腸炎モデルを設定し、腸炎モデルマウスで検証することでin vitroモデルを構築しました。そして、免疫賦活物質として知られている多糖類を中心として炎症性腸疾患を抑制できる食品因子について調査を行いました。その結果、エゴマやピーマンに多く含まれている低分子多糖類であるルテオリン、シイタケに多く含まれる高分子多糖類であるβ―グルカン(レンチナン)が抗炎症作用を有することを確認しました。更に、レンチナン高含有シイタケ摂取した群は、レンチナン低含有シイタケ摂取群と比較してハウスダストに対するアレルギ反応の改善効果を確認しました。また最近の研究成果として、0.1%パイナップル由来のグルコシドセラミドの経口摂取により、皮膚の改善効果があることをヘアレスマウスで確認しました。この現象について、血中のサイトカインの測定で減少変化が確認されており、経口摂取によりアトピー性皮膚炎の発症を抑制しているのではないかと考えています。
 
 

イベント情報

【大阪】第200回講演会のご案内

講  師:神戸大学大学院 農学研究科 生命機能科学専攻 教授  水野雅史 先生
演  題:食品に含まれる機能成分による腸管免疫制御機構  
講演要旨:培養細胞を用いた疑似炎症性腸疾患モデルの構築とそれを用いて探索した食品因子、主に多糖類による炎症性腸疾患抑制機構について解説する。また、同モデルを用いたグルコシルセラミドによる皮膚改善効果の機序についても一部紹介する。

大変興味深いテーマとなっておりますので、お誘いあわせの上、奮ってご参加下さい。
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「シニア会員」「正会員代理」
が参加できます
 
期 日 2014年09月03日(水)
午後 3:00 〜 午後 4:30 (受付開始:午後2:30)
会 場大阪薬業年金会館 301号室
〒542-0012 大阪市中央区谷町6丁目5番4号
http://www.dy-net.or.jp/home/home/kaigisitu/nenkin.
講 師 神戸大学大学院 農学研究科 生命機能科学専攻 教授  水野雅史 先生
参加費用 SCCJ会員 無料  
詳細資料
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 日本化粧品技術者会 大阪支部

TEL:06-6231-3459 FAX:06-6231-5769
 戻る