イベントレポート

イベント風景
今回、大阪支部勉強会では、はじめてヘアスタイリング剤をとりあげて勉強会を開催いたしました。
近年、髪の色もスタイルも、またその質感も、ますます多様化が進んでいます。それに伴って、スタイリング剤に求められる機能も日々変化しています。そのような中で、今回はヘアスタイリングの歴史的な変遷や、質感の変化、それに伴って今、期待されているスタイリング剤について取り上げました。
はじめに、現在もお客様と接し、実際にスタイリングをつくっておられる現役のスタイリストのKaako先生から、女性のスタイリングにまさに今、求められている質感についてお話を伺いました。また、吉井先生からは、スタイリングの開発者としての視点からのヘアスタイルの変遷や、ヘアスタイリング剤の処方技術のお話をしていただきました。
これまで取り上げてきた製剤の安全性・防腐力、あるいは容器設計といったハードな技術を課題とする勉強会とは違った、新しいパターンの会となりました。

講演1「これからのスタイリング。今までのスタイリングとの違い。」
演者:アーティスト kaako 先生
最近のヘアスタイリングのトレンドを、実際に2名のモデルのヘアメイクをしながら、説明していただきました。実演の中で、以前のかっちりとした内巻きではなく、現在のより自然なくせ毛カールに求められる質感、昨年大ヒットした映画「アナと雪の女王」の影響で流行り始めた編み込みに求められる質感など具体的な事例や、スタイリストとしての先生の製剤に対する希望もふくめて解説いただきました。実演中は聴講者の方々もさかんに写真を取るなど、いつもと違う雰囲気で進めることができました。

講演2 「ヘアスタイリング剤の変遷と処方技術」
演者:吉井 基祐 先生 株式会社 マンダム技術開発センター
ヘアスタイリング剤の歴史や日本における移り変わりを紹介いただき、流行とともに変化してきたヘアスタイリングの剤型を解説していただきました。また、世界のトレンドだけでなく、東南アジアの中でも国と地域により好まれるヘアスタイルおよびそれを実現するヘアスタイリング剤の違いについても紹介いただきました。さらには、ヘアスタイリング剤の特徴、構成するポリマー、評価方法、新しい技術を用いた剤型なども解説いただき、ヘアスタイリング剤の理解を深めるだけでなく今後の商品開発に参考になる講演でした。
 
 

イベント情報

【大阪】第23回勉強会 ワークショップのご案内

今回の勉強会はヘアケア、その中でもヘアメイクに焦点をあてて企画し、お二人の講師からご講演頂きます。ひとつは、第一線でご活躍されているアーティストを招きヘアメイクの実演をして頂きながら、「働く女性を応援する、女性力を惹き立てるスタイリングについて」をテーマに、デザイナーとして求めるタイリング剤や最近のトレンドのお話を頂く予定です。
もうひとつは、ヘアスタイリング製剤・商品に注目しヘアスタイルの変遷や、ヘアスタイリング剤の処方技術のお話をして頂く予定です。これからの商品開発の一助になると確信しております。どうぞ奮ってご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

講演1「これからのスタイリング。今までのスタイリングとの違い。」
アーティスト kaako 先生
2名のモデルのヘアメイクをして頂きながら、お話して頂きます。
・同じスタイルでもスタイリングがちがったらイメージがかわる。
・メイクもヘアスタイルがかわるとイメージもかわる。
【先生から写真撮影のみご快諾を頂いております。動画の撮影はご遠慮下さい】

講演2 「ヘアスタイリング剤の変遷と処方技術」
株式会社 マンダム 技術開発センター
ヘアケア製品開発課 グループリーダー 吉井 基祐 先生
ヘアスタイリング剤は、作りたいヘアスタイル作りをサポートする一つのツールであり、ヘアスタイルトレンドの変化と共に様々な剤型が開発された。本講演では、ヘアスタイリング剤の変遷を紹介すると共に、最新のスタイリング処方技術を紹介する。
 
こちらのイベントは
「正会員」「準会員」「シニア会員」「正会員代理」
が参加できます
 
期 日 2015年02月18日(水)
午後 1:30 〜 午後 6:30 (受付開始:午後1:00〜)
会 場薬業年金会館 601号室
〒542-0012 大阪市中央区谷町6丁目5番4号
http://www.dy-net.or.jp/home/home/kaigisitu/nenkin.htm
講 師 アーティスト kaako 先生
株式会社 マンダム 技術開発センター ヘアケア製品開発課 グループリーダー 吉井 基祐 先生
参加費用 SCCJ会員 3,000円  
懇親会費用 懇親会費は参加費に含まれます。
詳細資料
お申し込み
イベントは終了しました。
お問い合わせ 日本化粧品技術者会 大阪支部

TEL:06-6231-3459 FAX:06-6231-5769
 戻る