お知らせ

SCCJ研究討論会・最優秀発表賞の表彰について

■SCCJ研究討論会・最優秀発表賞の表彰について■

日本化粧品技術者会(以下SCCJ)では化粧品関連分野の研究の一層の発展と活性化をはかることを目的とし、第76回SCCJ研究討論会より「最優秀発表賞」を授与し、本会会長名で表彰ならびに副賞を贈呈する事といたしました。

“表内容・プレゼンテーション・質疑応答などにおいて優れた発表を、学術委員一名につき3報を選定し順位付けを行う。
得点を集計し、合計点の一番高い発表を最優秀発表賞とする。
3惱儖儖は自社あるいは共同研究の発表には投票できない事とする。

■SCCJ研究討論会とは…■
日本化粧品技術者会では年に2回、東京と大阪で交互に「SCCJ研究討論会」を開催しております。
1976年の第1回開催から始まり、38年間で既に75回の開催となりました。
化粧品技術者・研究者が最も注目している化粧品技術に関する研究発表の場で、会員をはじめ関連化粧品分野から数多くの最新の研究成果が発表されます。毎回、オリジナリティーのある研究成果が発表され、参加者によって終始活発な討論が行われております。


【第6回優秀発表賞】(第81回SCCJ研究討論会)
第6回目となる「優秀発表賞」の授与が行われ、以下お二人の方が受賞されました。
------------------------------------------------------
 「シニアの光学特性に基づく新しい肌色調整法の開発」
Deevelopment of Skin Color Adjusting Method Based on Optical Properties of Senior Skin
○勝山 智祐,蛭間 卓也
株式会社資生堂 グローバルイノベーションセンター
------------------------------------------------------
「角層高浸透を実現する擬似セラミド液晶化製剤の開発」
Development of liquid crystal product of Pseudo-ceramide for high intradermal penetration
○溝口圭衣子*1,岸本裕子*1,山本弓子*1,池田玲子*2,片山靖*1,岡本昌幸*2,山室穂高*1
*1 花王株式会社 スキンケア研究所
*2 花王株式会社 解析科学研究所

【第5回優秀発表賞】(第80回SCCJ研究討論会)
「新規ベシクル/ミセル複合体の相平衡制御による化粧水の高保湿性と心地よい使用感の両立」
High skin hydration and comfortable texture of a moisturizing lotion fulfilled by controlling the phase sequence of the vesicle/micelle complex
○渡辺 啓*1,西田 美晴*1,松下 裕史*1,宗 頼子*1,西村 加奈子*1,中村 綾野*1,ハインツ ホフマン*2
*1蟷饑呼 グローバルイノベーションセンター,*2バイロイト大学

【第4回優秀発表賞】(第79回SCCJ研究討論会)
「界面活性剤の特性を表すHLB 代替指標の構築」
Development of Novel Parameter to Replace the HLB umber
○山下裕司*1,2,陳冠淳*1,菊池晃哉*2,平尾哲二*1,2,坂本一民*3
千葉科学大学大学院薬学研究科*1,千葉科学大学薬学部*2,東京理科大学理工学部*3

【第3回優秀発表賞】(第78回SCCJ研究討論会)
『口唇くすみ評価法の開開発』
Evaluation method for lip-dullness based on spectral reflectance
○渡辺 恵悟*1,柿沢 英美*1,大塚 千恵*1,奥山 雅樹*2
螢魁璽察 研究所 *1 開発研究室,*2 メイク製品研究室

【第2回優秀発表賞】(第77回SCCJ研究討論会)
『顔の動きや観察角度が年齢印象に及ぼす影響』
Influence of facial movement and viewpoints on age perception
○黒住元紀*1,水越興治*1,本郷麻耶*1,藪崎次郎*1,蒲池みゆき*2
*1ポーラ化成工業株式会社,*2工学院大学

【第1回優秀発表賞】(第76回SCCJ研究討論会)
『角層ケラチンに着目した乾燥感低減技術の開発』
A new approach to reduce feeling of dryness: Keratin intermediate filaments treatment in stratum corneum
○蘇木佳彦*1, 片山靖*1, 田邉久*1, 内藤智 *2,岡田譲二*1
花王 *1スキンケア研究所,*2解析科学研究所
 
期 日2016年11月29日(火)
詳細資料
 戻る