沿革

1947(昭和22)年 10月 東京化粧品技術者会創立総会開催
1949(昭和24)年  近畿化粧品技術者会設立(大阪化粧品技術者協会の前身)
1952(昭和27)年 5月 第1回東西化粧品技術者会開催
会の名称を「東西化粧品技術者聨合連絡会」と決定
1959(昭和34)年 9月 IFSCC(国際化粧品技術者会連盟)ベルギーのブラッセルで結成される
(8ケ国参加)
1960(昭和35)年 4月 第10回東西化粧品技術者連合会総会でIFSCC加盟の件が決定
(1962年第2回IFSCC大会にて正式加盟)
1961(昭和36)年 5月 第1回日本化粧品技術者連合会(JCCA)創立総会開催
1962(昭和37)年 11月 第1回技術シンポジウム開催 後の研究討論会、セミナーへと発展する
1963(昭和38)年 8月 ジャーナル創刊号発行
1964(昭和39)年 10月 近畿化粧品技術者会が「大阪化粧品技術者協会」に改称
1968(昭和43)年  第5回IFSCC東京大会開催(東京プリンスホテル会議場)
IFSCCAwardのシステム(優秀論文表彰)が日本の提案により制度化される
1976(昭和51)年 5月 
 
6月 
11月 
第16回日本化粧品技術者連合会総会にて
本会の名称を日本化粧品技術者会(SCCJ)と改称
第9回IFSCCボストン大会にて日本がAward(最優秀論文賞)を初めて受賞する
第1回SCCJ研究討論会開催東西を一本化し、東京、大阪交互に年2回開催へ
1981(昭和56)年 5月 第1回優秀論文表彰(55年に「SCCJ優秀論文選考規定」を策定)
1991(平成3)年 11月 第1回SCCJセミナー開催
1992(平成4)年  第17回IFSCC横浜大会開催(横浜国際平和会議場)
1993(平成5)年 5月 
 
6月 
第33回SCCJ総会にて組織の大改正部会を委員会と改称し、
企画・学術・セミナー・優秀論文選考の4委員会の組織となる
第1回ASCS神戸大会開催(神戸国際会議場)SCCJの提案により実現
1994(平成6)年 8月 ジャーナルが郵政省より学術刊行物の認可を受ける
1997(平成9)年 5月 
 
6月 
12月 
特許庁より「発明の新規性喪失の例外」規定に
関する学術団体に指定される
第40回SCCJ研究討論会開催
発足50周年記念式典祝賀会開催
1999(平成11)年 11月 大阪化粧品技術者協会発足50周年記念式典祝賀会開催
2001(平成13)年 5月 第41回総会にて東京および大阪両化粧品技術者会が
日本化粧品技術者会に統一される
(東京支部、大阪支部に改称)
2002(平成14)年 2月 ホームページ開設
2003(平成15)年 5月 第1回CITE JAPAN(化粧品産業技術展)開催
2005(平成17)年 6月 第2回CITE JAPAN(化粧品産業技術展)開催
2006(平成18)年 10月 第24回IFSCC大阪大会開催
2007(平成19)年 4月 
5月 
日本学術会議協力学術研究団体(学会)に指定される
第3回CITE JAPAN(化粧品産業技術展)開催
2008(平成20)年 4月 インターネット配信を開始
2009(平成21)年 3月 
3月 
第9回ASCS横浜大会開催
第4回CITE JAPAN(化粧品産業技術展)開催
2010(平成22)年 8月 独立行政法人化学振興機構(JST)が運営するJST 電子アーカイブに参画
創刊号から2008年までの論文を一般公開
2011(平成23)年 4月 
5月 
 
5月 
9月 
10月 
ホームページで化粧品事典の一部を公開
第51回総会において本部・支部の会計の統一、本部・支部の総会を統合し
SCCJ総会として開催、事務局組織の統一が承認
第5回CITE JAPAN(化粧品産業技術展)共催
電子ジャーナルとしてSCCJ誌をホームページ上でWEB 閲覧開始
独立行政法人科学技術振興機構(JST)のJ-STAGE に参画
2008年度以降の論文についても一般公開を開始
2012(平成24)年 5月 第52回SCCJ総会において、SCCJ組織の見直し(実質的な統合)、
運営役員の選挙制度の変更が承認