書籍

最新化粧品科学<改訂増補?>

最新化粧品科学 改訂増補(2) 日本化粧品技術者会編

【編集・企画】

日本化粧品技術者会

【発行・発売元】

薬事日報社

【定 価】

9,200円(税別)

【ISBN】

978-4840801317

【書籍注文専用TEL/FAX】

現在絶版

【総論】

第1編 総論
第2編 原料
第1章 日本の化粧品の歴史
第1章 油脂・ロウ類
第2章 基礎化粧品
第2章 界面活性剤
第3章 仕上げ化粧品
第3章 色素
第4章 頭髪用化粧品
第4章 香料
第5章 石けん・シャンプー
第5章 化粧品・医薬部外品の特殊成分
第6章 歯磨と口腔衛生品
 
 
 
第3編 包材
第4編 化粧品の物性
 
第1章 可溶化・乳化・分散
 
第2章 化粧品とレオロジー
 
 
第5編 化粧品と品質
第6編 皮膚科学
第1章 化粧品の安全性
第1章 皮膚と毛髪―構造と機能
第2章 化粧品の品質管理
第2章 皮膚科臨床医からみた化粧品
第3章 化粧品と微生物
 
第4章 化粧品の分析
 
第5章 化粧品の色彩管理
 
 
 
第7編 製造機械
第8編 法規
 
第1章 化粧品と薬事法
第2章 化粧品の表示に関する公正競争規約

【書評】

本書の初版は1980年(昭和55年)である。1回目の改訂増補版の発行が1988年(昭和63年)、2回目の改訂増補版の発行は1992年(平成4年)である。当時の日本化粧品技術者会(SCCJ)の役員が中心となって編集、執筆し、化粧品開発や製造になくてはならない基本情報をはじめ、技術情報が満載の「化粧品科学」の教科書である。化粧品開発に向かう、化粧品技術者の熱き思いが伝わってくる。
2008年ホームページを新規改訂するに当たり、SCCJゆかりの書籍の整理をしていて本書が見つかった。絶版と聞いて残念にも思うが、日々進歩している最新技術の塊である化粧品開発とその思いは、日本化粧品技術者会主催の研究討論会やセミナー、化粧品基礎技術講習会、ジャーナルやその後発行された書籍などへと引き継がれている。
ページトップへ
戻る