化粧品用語集

くすみ [skin dullness, somberness]

 “くすみ”は状態を表す用語として広く認知されており,女性の悩みのなかでも上位を占め,20歳代後半〜40歳代で増加することから,加齢による影響も考えられている.現象が非常に複雑で定義が難しく,化粧品業界内でも統一的な認識がもたれていなかったが,1995年に日本化粧品工業連合会から各社の意見を参考にくすみの定義案が提出された.
 その定義案は,“のくすみは,ある特定の現象である.顔全体または眼のまわりや頬などの部位に生じ,の赤みが減少して黄みが増し,またの‘つや’や透明感が減少したり,皮膚表面の凹凸などによる影によって明度が低下して暗く見える状態で,境界は不明瞭である.その発生要因はいくつか考えられており,それらの要因が単独か複数関与することにより,現象として認識される.1. 血行不良による色の赤みの低下,2. び漫的なメラニンの沈着,3. 皮膚の弾力が低下することにより生ずる皮膚表面の凹凸による影,4. 角層の肥厚などによる透明性(光透過性)の低下,5. 皮膚表面での乱反射によるつやの低下,6. 加齢に伴う皮膚の黄色化,である.なお,このほか,ほこり,皮脂などの汚れにも関与して視覚的にくすんで見えるが,それらはたんなる物理的な要因であり,洗い流せば消失するので他の要因とは異なる”とある.
要 因
 この定義にあるようにくすみは,複合的な要因により引き起こされていると考えられ,くすみを感じるときの状態について,女性を対象としたアンケート結果から,血色の悪いとき,のはりが感じられないとき,のつやがなくなったとき,のきめが粗く見えたときなど,複数があげられた.実際のの計測結果において,メラニンと血流それぞれに由来するもの,両方に起因するものがあり,その両者をあわせると原因の82%にもなり,落屑(らくせつ)などの角層の表面状態によるもの,毛穴やきめなどの表面の形状に由来するものなどは,それぞれ9%であった.さらに,季節変化による冬季,さらに性周期による卵胞期の環境温度変化あるいは体温の低下によるものや,加齢によるもの,一時的な疲労や睡眠不足によるものが報告され,くすみは複合的な要因が考えられることが測定結果からも裏づけられている.
 定義案の個々の要因について,解析した結果から以下のことが明らかにされている.
 (1) 血行不良による色の赤みの低下 色を決定するものとして,血中のヘモグロビンがあげられる.血行不良により還元型ヘモグロビンが増加し,その結果赤色領域の吸収が増え,赤みの反射率が低下する.血流とくすみの視観判定値とは相関性があり,さらにマッサージにより血行を促進すると,くすみが改善されることからも,ヘモグロビンはおもな要因の一つとして考えられている.
 (2) び漫的なメラニンの沈着 色を決定しているもう一つの要因として,角層から基底層にかけて多量に分布しているメラニンがある.メラニンは褐色を呈するためにくすみの印象を強める要素として,の色の黄みが強くなること,暗くなることに関与していると考えられる.また,関係要素として,皮膚色の不均一性があり,この“色むらがある”印象がくすみに関与し,さらに加齢によるものが,40歳代以降にくすみを感じる人が多いというアンケートの結果と関連していると考えられている.
 (3) 形態との関係 皮膚表面の微小凹凸とくすみにおいて相関性がある.すなわち,皮膚表面の凹凸の大きさを表す平均粗さと,皮溝やしわなどの溝の間隔を表す平均谷間隔の変動係数は加齢と相関性があり,とくに平均谷間隔の変動係数についてはくすみの印象度と有意な相関が認められている.これは,加齢によりきめが乱れ,皮膚表面の凹凸による陰影の差が不均一になったために,視覚的なくすみが生じたと考えられる.また,皮膚表面の微細な凹凸は,視観によるのつやや透明感などとの相関が考えられ,の光沢や透明性がくすんだでは低下する傾向があり,また加齢によっても同様の現象が見られることが報告されている.[真柄 綱夫]
項目名 全文 
50音順で探す
   
   
          
                                               
アルファベット順で探す

化粧品事典について

化粧品辞典

化粧品事典は、化粧品に関する知識を網羅したもので、化粧品科学に関する専門用語を解説した用語集です。化粧品研究の専門家による執筆ながら、難解な記述や表現を極力避け、一般の方にも読みやすい内容となっています。<詳しくはこちら>

尚、化粧品事典は下記リンク先よりオンライン上にてご購入いただけます。


<丸善出版株式会社『化粧品事典』のページへ>
ページトップへ