化粧品用語集

レプリカ [replica]

 皮膚表面の鋳型.皮膚表面形態を観察する方法として用いられる.オーソドックスな方法として,ニトロセルロースやシリコーンラバーを用いてレプリカを採取し光学顕微鏡で観察する方法,そのレプリカをエポキシ樹脂で反転させ走査電子顕微鏡で観察する方法,あるいはレプリカ表面を触針で走査し,そのとき得られる曲線からピークの高さや数,ピーク面積,曲線の長さなどを求め凹凸の程度を調べる方法がある.また,最近ではレーザーを用いてレプリカ表面の凹凸を精度よく三次元的に表示する方法や,レプリカ画像を画像処理することにより表面形態の特徴を定量化する方法でも実施されている.レプリカ画像解析ではレプリカに対し3方向(各20°)から光を照射し,その顕微鏡像をテレビカメラで取り込み,画像ディジタイザーで画素(pixel)に分解し各画素を2値化処理する.2値化画像をさらに処理して皮膚表面形状パラメーターを算出し,皮紋,皮丘の形態変化を定量的にとらえることで,荒れや加齢による変化の程度を推定することができる.[松永 由紀子]
項目名 全文 
50音順で探す
   
   
          
                                               
アルファベット順で探す

化粧品事典について

化粧品辞典

化粧品事典は、化粧品に関する知識を網羅したもので、化粧品科学に関する専門用語を解説した用語集です。化粧品研究の専門家による執筆ながら、難解な記述や表現を極力避け、一般の方にも読みやすい内容となっています。<詳しくはこちら>

尚、化粧品事典は下記リンク先よりオンライン上にてご購入いただけます。


<丸善出版株式会社『化粧品事典』のページへ>
ページトップへ