化粧品用語集

のマークが付いている項目は化粧品事典のサンプルとして本文をご覧いただけます。
化粧品事典には全ての項目の本文が記載されております。

」一覧

82件の項目があります。(1ページ目の1 〜 10項目を表示)
SS結合 [SS bond, SS linkage] 
2個の硫黄原子(S)どうしの結合のことで,ジスルフィド結合ともいう.化学的な還元,酸化反応によって比較的容易に切断,結合させることができ,・・・続きを読む
エストラジオール [estradiol] 
女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)の一種で,卵巣,ヒト胎盤,妊婦尿に多く存在する.白色の結晶または結晶性の粉末で,水にはほとん・・・続きを読む
SPF [sun protection factor] 
サンバーン(紫外線紅斑)をどの程度防止できるかという目安の数値.サンケア指数ともいう.サンバーンはUVB(→紫外線)により生じることから,・・・続きを読む
エマルション [emulsion] 
乳化物のこと.油と水のように互いに溶け合わない液体の一方が,他の一方に微細な液滴(乳化粒子)として分散しているものである.牛乳や生クリーム・・・続きを読む
エモリエント [emollient] 
皮膚からの水分蒸散を防止してうるおいを保持し,皮膚を柔軟にするという皮膚生理作用のこと.皮膚に対してエモリエント効果を示すものをエモリエ・・・続きを読む
エラスチン線維 [elastic fiber] 
動脈壁,肺胞,皮膚,腱,靭帯などの組織において,弾性を保つために働くもの.弾力線維,弾性線維ともいう.大動脈や靭帯では全乾燥重量の50%近・・・続きを読む
塩酸クロルヘキシジン [chlorhexidine hydrochloride] 
殺菌剤の一種で,1954年Daviesらによって合成された.ヒビテンともいう.白色の微細な結晶性粉末で,水にわずかに溶け,非極性溶媒にはほ・・・続きを読む
炎症反応 [inflammatory reaction] 
生体にとって有害な刺激が侵入または内部で形成された場合に生じる,局所的な生体反応の総称.局所の反応に伴う急性の全身症状を含める場合もある.・・・続きを読む
エアゾール [aerosol]
エアゾール製品 [aerosol cosmetic(product)]
82件の項目があります。(1ページ目の1 〜 10項目を表示)
123456789 次へ> 
項目名 全文 
50音順で探す
   
   
          
                                               
アルファベット順で探す

化粧品事典について

化粧品辞典

化粧品事典は、化粧品に関する知識を網羅したもので、化粧品科学に関する専門用語を解説した用語集です。化粧品研究の専門家による執筆ながら、難解な記述や表現を極力避け、一般の方にも読みやすい内容となっています。<詳しくはこちら>

尚、化粧品事典は下記リンク先よりオンライン上にてご購入いただけます。


<丸善出版株式会社『化粧品事典』のページへ>
ページトップへ