化粧品用語集

のマークが付いている項目は化粧品事典のサンプルとして本文をご覧いただけます。
化粧品事典には全ての項目の本文が記載されております。

A」一覧

151件の項目があります。(1ページ目の1 〜 10項目を表示)
acne vulgaris [にきび] 
脂腺性毛包に生じる炎症性の皮膚疾患.医学的には尋常性ざ瘡をさし,ざ瘡,アクネともよばれる.思春期に多く発生して成長とともに自然に治る場合が・・・続きを読む
adsorption [吸着] 
液体や固体の表面にある原子や分子がもつ特性で,そのまわりに存在する気体や溶質の分子や原子を強く引きつける性質のこと.内部と異なり,表面の原・・・続きを読む
adult acne [大人のにきび] 
20,30歳代の女性に発生するにきびのこと.以前は吹き出物などとよばれることが多かったが,しかし医学的には定義されていない.にきびは思春期・・・続きを読む
allergic contact dermatitis [アレルギー性接触皮膚炎] 
免疫応答に基づく遅延型アレルギー性の接触皮膚炎のこと.発症機序刺激性接触皮膚炎は刺激物に対する皮膚炎であるが,アレルギー性接触皮膚炎は,・・・続きを読む
alopecia [脱毛症] 
→脱毛・・・続きを読む
amphoteric surfactant, zwitter ionic surfactant [両性界面活性剤] 
陽イオン(カチオン基)と陰イオン(アニオン基)の双方をあわせもっている界面活性剤.陽性イオン部分としては,アミン塩(アルキルアンモニウム塩・・・続きを読む
anagen hair [成長期毛] 
毛周期(ヘアサイクル)において,男性で3〜5年間,女性で4〜6年間という成長期にある毛のこと.頭皮の表面を覆う毛髪の約85〜90%を占め,・・・続きを読む
analytical methods validation [分析法バリデーション] 
医薬品などの試験に用いる分析法が,その目的に適した性能を有していることを証明すること.日本薬局方(第13改正)に“分析法バリデーションとは・・・続きを読む
analytical sensory evaluation [分析型官能評価] 
専門パネル評価ともいう.機器による分析が難しい,機器測定より迅速,低コスト,高感度,高精度といった理由から,人間の五感に頼って特性を測定し・・・続きを読む
anti wrinkle agent [抗しわ剤] 
しわの予防や改善をするもの.一概にしわといってもその形態には大きな違いがある.皮膚を構成する角層,表皮,真皮,皮下組織は相互に作用しあい,・・・続きを読む
151件の項目があります。(1ページ目の1 〜 10項目を表示)
12345678910次10ページ 次へ> 
項目名 全文 
50音順で探す
   
   
          
                                               
アルファベット順で探す

化粧品事典について

化粧品辞典

化粧品事典は、化粧品に関する知識を網羅したもので、化粧品科学に関する専門用語を解説した用語集です。化粧品研究の専門家による執筆ながら、難解な記述や表現を極力避け、一般の方にも読みやすい内容となっています。<詳しくはこちら>

尚、化粧品事典は下記リンク先よりオンライン上にてご購入いただけます。


<丸善出版株式会社『化粧品事典』のページへ>
ページトップへ