EVENT イベント

受付終了

第217回講演会 (西日本)

第217回講演会のご案内です。

〔開催日時〕    2024年3月5日(火) 13:15  Web開場予定
                           講演会 13:25 ~ 17:00  (予定)

〔開催方法〕  オンライン開催(ライブ配信)※Zoomシステムを使用
インターネット接続にて Zoom へのアクセスができるパソコンやタブレット、スマートフォンなどで受講いただきます。
(マイク、カメラは不要です)
必要な環境やインターネット回線は以下にてご確認いただいたうえで、お申込み下さい。    

  https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023

〔スケジュール〕(進行状況により、多少の時間のずれが生じます。ご了解をお願い致します。)
【開会の挨拶】     13:25~13:30

【講演-1】           13:30~15:00
 〔演  題〕 『老化治療/Rejuvenationの世界的動向について』
 〔講  師〕      慶應義塾大学医学部整形外科学教室 特任講師
                                                                             早野 元詞 先生
 〔講演要旨〕     近年、エピゲノム変動を標的とした老化の抑制(anti-aging)に加えて、治療する(Rejuvenation)研究や開発が
         世界的に着目されており、多くのバイオテックが誕生している。炎症、幹細胞、代謝、ゲノム不安定性、
         オートファジー等のAging Hallmarksは、エピゲノムと密に相互作用しており、山中因子(OKSMやOSK)をはじめとする
          様々な後天的かつ可逆的なエピゲノムを介した老化制御が新しい局面を迎えている。
                                本講演では、老化研究と実装の世界的な動向について紹介する。


<15分休憩>

【講演-2】            15:15~16:45
 〔演  題〕 『AI活用やわらかものづくり: 技術革新がもたらす柔軟性と創造性』
 〔講  師〕      山形大学大学院 理工学研究科 教授
                             古川 英光 先生
 〔講演要旨〕       近年、人工知能(AI)技術は急速に進化し、産業界においてもその活用がますます広がっています。
           特に製造業においては、従来の硬質なものづくりから、柔軟性を重視した「やわらかものづくり」への転換が進んでいます。
           本講演では、AI技術がもたらす柔軟性と創造性に焦点を当て、製造プロセスにおける革新的なアプローチについて探求し、
           同時に美容・健康産業における新しい材料と技術の融合による創造的な展望も提案します。


資料1にお申込み方法が記載されております。
記載内容に従って、お申し込みください。
 
期日 2024年03月05日(火) 午後 1:25〜午後 5:00
参加資格 正会員、準会員、シニア会員、正会員代理
イベントのみ SCCJ会員 : 参加費無料
資料1 資料1
お申し込み 日本化粧品技術者会 事務局(西日本支部)
お問い合わせ TEL:06-6231-3459 FAX:06-6231-5769

申込期間は終了しました。