EVENT イベント

第56回SCCJセミナー(オンライン/ライブ配信)SDGs と化粧品の未来 ~環境、資源、ジェンダーを考える~

「第56回SCCJセミナー」 参加レポート

2021年2月19日に開催された「第56回SCCJセミナー」に参加しました。
今回は「SDGsと化粧品の未来~環境、資源、ジェンダーを考える~」と題し、産学多方面の講師を招き、近年グローバルに関心が集まっている「SDGs (持続可能な開発目標)」に焦点を当てた幅広い内容が学べるセミナーであり、参加人数は184名(講師、セミナー委員、事務局合わせて総勢213名)でした。

注目すべきは、多岐にわたる講演内容は勿論のこと“開催形式”であり、COVID-19 感染状況を踏まえたオンライン(Zoomウェビナー)で開催されたことです。夕刻にはフリーディスカッションと質疑応答時間が取られました。
さて、講演内容に翻ると、午前は先ず産官学を経験されてきた笹谷秀光先生からSDGs (17目標)の基礎からビジネスへの応用展開までグローバル視点での日本の状況まで詳細解説下さいました。藤原泰之先生からはPM2.5 を中心に健康面と環境面の課題について詳述頂きました。午後の第1部は産業界より3社の取り組み事例をご紹介頂きました。具体的には味の素株式会社(太田史生氏)よりパルプとヤシ油にフォーカスしたサステナブル調達、株式会社資生堂(宮原令二氏)からは低エネルギー化製剤技術、キユーピー株式会社(倉田幸治氏)からはキャベツと卵殻の用途拡大と、それぞれ具体的なSDGsへの取り組みや成功事例を拝聴することができました。第2部では小松道男先生より海洋プラスチックによる環境問題とその対策技術についてポリ乳酸に焦点を当て分かり易くご紹介頂き、最後はメイクアップアーティスト兼僧侶兼LGBTQ活動家である西村宏堂先生よりメイクアップ技術についてご自身の生い立ちを交えながらジェンダー・多様性の受容といった大変興味深いテーマを講演頂きました。「男らしく、女らしく」は「その人らしく輝く時代」に確実に変化していることを実感できる講演でした。

講演終了後は各講師が6つの会場にスタンバイしての1時間のフリーディスカッションに移行しました。前半は各講師との質疑応答、後半は個別に講師と1対1のディスカッション・相談できるという粋な取り計らいでした。講師の方々と直接質問し議論し、更に個人ベースで深い質問や相談ができたことで参加者の皆さまには非常に有意義な知見が得られたものと確信します。

以上、今回のセミナーに参加してWebで気軽に参加できるアクセスの簡便さと、Face  to Faceに近いディスカッションの機会を頂くことができ、COVID-19の影響による新しいセミナーの開催様式が見えた様な気がしました。
セミナー委員や事務局の皆さまにおかれましては事前準備や当日の進行など大変ご苦労様でした。心より感謝してレポートとさせて頂きます。
SCCJ広報委員 石田 賢哉(高砂香料工業株式会社)



 
  • 会場レイアウトと講演&スタッフ対応風景
  • 「大気汚染物質とヒトへの健康影響 〜PM2.5を中心に〜」東京薬科大学薬学部 教授 藤原泰之 先生
  • 「海洋プラスチック問題の現状と 生分解性プラスチック応用技術の国際動向」小松技術士事務所 小松道男 氏