EVENT イベント

受付終了

第38回 勉強会 ワークショップ(西日本)

第38回勉強会 ワークショップ(西日本)のご案内です。

テーマ 『敏感肌化粧品を考える』



近年、敏感肌化粧品に注目が集まっています。そこで、今回は「敏感肌化粧品を考える」をテーマに開催いたします。
初めに株式会社資生堂 みらい開発研究所  勝田 雄治氏から「敏感肌の要因とその対策」の演題でご講演頂いた後、
原料会社3社から敏感肌化粧品を開発する上で有用な原料や考え方のご紹介を頂きます。
敏感肌化粧品について知識を深める貴重な機会になっております。
コロナ禍の状況を鑑みて、前回と同様にZoomを利用したオンラインにて開催いたします。
どうぞ奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 
講演1        「敏感肌の要因とその対策」 
株式会社資生堂 みらい開発研究所  勝田 雄治 氏

近年、肌にやさしい敏感肌化粧品の市場が拡大しています。敏感肌は様々な要因
により揺らぎやすい肌の状態にあり、皮膚バリア機能の悪化が関与しています。
皮膚バリア機能のメカニズムに着目した敏感肌への対策法について紹介いたします。

 講演2        「皮膚バリア機能改善による敏感肌対策」
一丸ファルコス株式会社 営業部 営業3課  河合 徳久氏
弊社の考える敏感肌対策3本柱は、1.刺激の小さい原料選定、2.刺激伝達物質の
制御を含めた抗炎症、3.保湿とバリア改善です。今回は皮膚のバリア機能改善が
期待できる原料を紹介いたします

講演3 「刺激緩和は炎症が起こる前から〜炎症の初期に対応する新作用ポイントについて〜」
株式会社テクノーブル ライフサイエンス総合研究所  岩野 英生氏
バリア機能が低下した敏感肌対策として、炎症の初期段階で作用するHMGB1と
炎症を持続させる血管内因子ICAM-1に働きかけ、敏感肌に直結する悩みである
肌あれに対応する技術と天然素材を紹介いたします。

 講演4        「敏感肌を守る植物エキスのご紹介」
丸善製薬株式会社 総合研究所  屋敷 圭子氏
敏感肌は、様々な外的・内的要因により引き起こされていると考えられます。
既に敏感肌向け化粧品に広く配合されているグリチルリチン酸ジカリウムの有効性
のご紹介と共に、最新の研究成果から得られた肌悩みに対応する植物エキスを紹介
いたします。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コロナ禍の状況を鑑み、前回と同様にZoomを利用したオンラインにて開催いたします。
どうぞ奮ってご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

※ 資料1にお申込み方法が記載されております。
記載内容に従って、お申し込みください。

 
期日 2023年02月01日(水) 午後 1:00〜午後 4:00
参加資格 正会員、準会員、シニア会員、正会員代理
来場参加(リアル) SCCJ会員 : 参加費無料
資料1 資料1
お申し込み 日本化粧品技術者会 事務局(西日本支部)
お問い合わせ TEL:06-6231-3459 FAX:06-6231-5769

申込期間は終了しました。