EVENT イベント

第58回SCCJセミナー

  • ヘアケア処方の変遷と技術動向(神戸大学大学院 辻野先生)
  • 生活者の実態を捉えた毛髪評価方法 (ライオン株式会社 大石氏)
  • フリーディスカッションの様子(クラシエホームプロダクツ株式会社 松江氏)
第58回SCCJセミナー参加レポート
2月18日(金)に開催された第58回SCCJセミナーに参加致しました。今回は来場参加、Web 参加のどちらでも参加できる形となっていました。リアル開催の臨場感、Web参加の手軽さを選べる開催形式は、様々なニーズに対応できる開催形式だと感じました。

今回のテーマは「ヘアケアの評価技術と処方技術の最新トレンド~多様化するニーズと複雑化する髪履歴に対応する技術を考える~」となっており、約8年半ぶりにヘアケアを中心としたテーマになったそうです。ヘアケア製品の処方の変遷 と技術動向、毛髪の評価方法、新規界面活性剤、新たなカラートリートメント及び頭皮頭髪のエイジングケアまで毛髪及び頭皮に関する基礎から製剤技術まで幅広い内容に関する講演を聴くことができました。ヘアケア技術者だけでなく様々な化粧品技術者にとっても非常に有意義な講演となっていました。

以下、取材を行ったSCCJ広報委員の花王㈱の福永、㈱シーボンの松嶋のコメントを記載させていただきます。

<花王株式会社 福永恭子>
普段、ヘアケア研究に直接携わっていないため、基礎的なヘアケア処方の変遷から、最新動向まで学べる、とてもありがたい機会でした。本セミナーに参加して、クセや染毛など従来からの消費者ニーズに対する最新技術と、長寿化・パーソナライズ化・コト消費など、昨今のキャッチ―なニーズに対する取組を聴講することができました。前者では、耐熱トリートメント技術や、黒髪メラニンのもとを応用した技術など、長年培ってきた技術の未知な領域をさらに深く追究されており、常に最新ニーズに応答される姿勢に共感しました。後者では、生活者の実態調査や、毛髪・頭髪のビッグデータ解析等を通して、例えば、髪の未来予測結果からパーソナライズケアを提案する等、多様化・細分化するニーズを様々な視点から検討されており、大変興味深かったです。今回は、時々、現地会場が映し出されたり、フリーディスカッションでは各講演のファシリテーターが議論しやすいよう進行して下さったりと、Web参加者も現地会場に一緒にいるような一体感を味わうことができたと思います。

<株式会社シーボン 松嶋高志>
ヘアケアに限定して処方技術の変化や新規原料、評価技術まで幅広い知識を吸収できるとても貴重なセミナーでした。いつもはスキンケアを中心に情報収集をおこなっていますが、ヘアケア技術の動向を知ることで、少し違う角度から自分の業務を見つめる機会になりました。また、ヘアケアとスキンケア、それぞれの技術がある一方、生活者の多様なライフスタイルや環境変化に伴った個性に対応する時代。ニーズも多様化し、QOL向上のためには評価技術やデータ利用、新たな原料や処方技術の開発、パーソナライズケアの提案等、全てひとつなぎに発展していかなければならないことを再確認できました。企業内での自身の業務だけでなく、化粧品技術者の一員として広い視野を持ち、美を提供し続けたい。様々な分野の知識を聴講できた本セミナーに参加したことで色々と考えさせられる、とても有意義な一日になりました。

最後になりますが、本講習会でご講義頂きました講師の先生方と企画運営頂きましたセミナー委員会の皆様に感謝を申し上げます。
SCCJ広報委員
福永恭子(花王株式会社)
松嶋高志(株式会社シーボン)

関連リンク
第58回SCCJセミナー