EVENT イベント

平成30年度(第58回)「SCCJ総会」

【講演会レポート】
総会に先立ち、福井県立恐竜博物館の野田芳和副館長による、「福井の恐竜発掘と恐竜博物館」と題した講演が行われました。 福井県では、1989年(平成元年)から恐竜化石発掘調査が始まり、これまでに5種の新属新種恐竜を発掘・発表し日本で最も多くの恐竜化石を産出する県となっております。また、2017年2月には「勝山恐竜化石群及びおよび産地」として国の天然記念物に指定されております。 野田副館長には、(分類学上の)恐竜とは何か・発掘調査はどのように行われるかについて、映像を交えわかりやすくお話して頂きいただきました。 また、翌日の視察ツアーでは、通算900万人を越える来館者を誇る「福井県恐竜博物館」へ多くのSCCJメンバーが訪問し、講演内容を実体験いたしました。

(大阪支部 技術講習部会 岩瀬史明/岩瀬コスファ㈱)


【第58回SCCJ総会について】
 総会参加者:302名、有効委任状:735名の合計1,037名。
2018年4月1日現在の総会員数1,692名に対し61.3%であり、規約第 15 条(会員の 1/3以上の参加により成立)に
従い、総会は成立いたしました。

※その他、総会の議事については、近日中に「総会議事録」を掲載いたします。
  SCCJ会員の皆様はIDとパスワードでログインして資料等をご確認ください。(2018年6月1日更新)
 
  • 第58回SCCJ総会の様子
  • ご講演の様子:福井県立恐竜博物館の野田芳和副館長
  • 視察訪問先「福井県恐竜博物館」
  • 「福井県恐竜博物館」館内1
  • 「福井県恐竜博物館」館内2
  • 視察訪問先「越前 竹人形の里」

総会資料
こちらの資料はSCCJ会員の方のみ、IDとパスワードでダウンロードが可能です。