EVENT イベント

第51回「SCCJセミナー」ゲルの織りなす化粧品の世界-ポリマー、レオロジーの基礎から製品開発まで-

第51回 SCCJセミナー参加レポート
2018年2月27日、大井町きゅりあんに於いて本部主催の「ゲルの織りなす化粧品の世界‐ポリマー、レオロジーの基礎から製品開発まで‐」と題したセミナーに参加致しました。

化粧品の製剤開発に欠かす事が出来ないゲル化剤、増粘剤に関連する貴重なセミナーだけあって、222名と多くの方々が参加していました。参加者の顔ぶれも様々で化粧品会社、化粧品原料メーカー及び原料商社の研究者、マーティング、営業担当者と職種も多岐にわたり、又世代別でも業界の大先輩から若い方々まで広く参加していました。

今回のセミナーは、ポリマー合成の観点、またポリマーの原料化の観点、そしてそれらを使用する化粧品技術の観点からと多角的な視点でポリマーを勉強できる貴重な機会でした。私が原料開発に興味を持っていることもあり、福井大学杉原先生の講演の中で温度応答性をはじめとした刺激応答性等の最新技術を生かしたゲルの設計については、将来新しい剤型の化粧品開発に役立つ原料開発につながるのではないかと期待感が溢れました。また、資生堂の中村講師より、増粘剤は化粧品の使用感を変える上で最も重要な要素であることをお話し頂き、深く共感致しました。

他の講演も含めて充実した講演内容であり、一日で沢山の情報を入手する事が出来る貴重なセミナーでした。全講演終了後には別室で講師の方々と直接質問や意見交換ができるフリーディスカッションがありました。各講師のブースには長蛇の列ができ、参加者からの質問に対して活発な意見交換が行われていました。フリーディスカッションの場で伺った参加者からは、「基礎的な内容から説明頂き実用的な内容まで組み込まれていたので理解が深まった」、「水性ゲルインクの開発は化粧品開発にも応用する事が出来る」、「テーマが絞られていた為興味を持って知識が深まった」、「講演内容の資料が貼られていた為復習が出来た」等積極的な意見が寄せられました。

最後になりますが、本セミナーを主催されたセミナー委員の方々におかれましては、1年以上前から企画し、参加者の経験値を考慮した上で計画されておられると伺いました。このような素晴らしいセミナーを開催して頂きました事に感謝致しますと共に、今回参加出来なかった皆様も是非次回はSCCJセミナーに参加して頂き、知識を得て知恵に変えて、より良い化粧品の開発に生かして頂きたいと思います。

SCCJ広報委員 田中徳文/(株)マツモト交商 
  • テーマを絞り様々な角度からアプローチした講演が聴ける
  • 講師の先生へ直接質問をすることができるのも魅力
  • 講師の先生と活発なディスカッションをする参加者
  • フリーディスカッション待ち時間の列が出来るほど盛況でした