EVENT イベント

第52 回 SCCJ セミナー in 京都「エイジングに挑む ― 外部要因による老化とその対応化粧品技術―」

 本部主催のSCCJセミナー in 京都に、広報委員会からの取材で参加させていただきました。今回のテーマは「エイジングに挑む - 外部要因による老化とその対応化粧品技術-」で、実に10年ぶりにエイジングをテーマにしたセミナーとのことでした。
セミナーでは処方技術、評価法に加え、化粧品原料の機能特性、老化の基礎的なメカニズムを学ぶ貴重な機会を得ることができました。また今回は、株式会社ワコール 徳光様から、50年に及ぶ女性の体形変化についての研究をご紹介いただきました。加齢変化を小さく、そして進行を遅くするためにと、50年続けてこられた研究に対する思いは、化粧品の技術開発に通じるものがあり、変化を見逃さない視点、数値化の重要性、膨大なデータの解析、結果の表現手法について、多くを学び、、、 学ぶという言葉では言い表せない、「衝撃」に近い感覚を得ました。そして、何よりも、「年は美しく重ねたい!!」と、強く思いました。
SCCJセミナーの最大の特徴は、フリーディスカッションです。講演後に講師の方々に直接質問できることもあり、日常業務の悩みや意見交換をするため、多くの受講者の方で列ができていました。質問をされた方にお話しをうかがったところ、「業務上の不明点について質問ができた」、「評価法についてアイデアをいただいた」という意見がありました。また、講師の方に質問をされておられた受講者同士で、さらに意見交換が生まれている場面もありました。同じ化粧品業界の中において、化粧品技術の向上を目指して、業界内で切磋琢磨できるのは、SCCJの魅力だと改めて感じました。
今回のSCCJセミナーは、初めて京都にて開催されました。会場の京都テルサは、京都駅から徒歩約10分の距離だったこともあり、近畿圏以外の方も参加しやすいと感じられたのではないでしょうか。 SCCJセミナーは、企画から開催まで1年半の準備期間を経ていると伺いました。セミナー委員の皆さまを始め、これまでの貴重な経験をお話くださいました講師の皆さまに感謝申し上げます。次回は来年2月21日に東京(会場:きゅりあん)でセミナーの開催が予定されています。SCCJセミナーは新しい発見を得られる場ですので、次回また参加できる機会があればと思います。
SCCJ広報委員(株)マンダム 久加 亜由美
  • 保湿剤の特徴についてご講演いただきました。
  • 女性のエイジングの悩みを解決したいという強い思いを感じました。
  • 酸化と糖化による老化のメカニズムについて学びました
  • フリーディスカッションでは、多くの受講者が講師へ質問するために並んでいました。
  • 活発なディスカッション。研究のブレイクスルーが得られることもSCCJセミナーの魅力