LIBRARY ライブラリー

清涼化剤 [cooling agent]

皮膚や頭皮に清涼感を与える目的で化粧品に配合される成分.清涼剤、冷感剤ともいう.大別して二つのタイプがあり、エタノールなどの低級アルコールやエアゾールなどの噴射剤の気化熱を利用して皮膚温を低下させるタイプと、l-メントール、ハッカ油、ペパーミント油、カンファー(樟脳)、チモール、スピラントール、サリチル酸メチルなどの清涼化剤を利用して感覚的に清涼感を付与するタイプがある.化粧品に応用する場合、これらの成分を単独もしくは両者を組み合わせて配合することにより、適度な清涼感を引き出すことができる.日焼け直後の肌のほてりや炎症をおさえるための化粧水であるカーマインローションや、シャンプーあるいはヘアトニック*などに配合される.最近では、清涼感を持続させるための方法として、メントールなどの誘導体を使用したり、各清涼化剤をカプセル化し徐放させるなど、さまざまな工夫がなされている.しかしながら、その清涼感を高めようと多量に配合すると、皮膚への刺激性が大きくなりすぎることがある.安全上の問題から、配合する場合には十分な配慮をする必要がある.(岩崎敬治、三部晶子)

用語検索

索引