LIBRARY ライブラリー

searchのマークが付いている項目は化粧品事典のサンプルとして本文をご覧いただけます。
化粧品事典には全ての項目の本文が記載されております。

「M」 一覧 110件の項目があります。(1ページ目の1 ~ 10項目を表示)

マカデミアナッツ油 [macademia nuts oil]

オーストラリア原産の常緑の中高木のマカデミアの種実を圧搾し、脂肪分を分離した後の液体油.ハワイ、オーストラリア、米国西海岸、ケニアなどで生産されている.無色?淡黄色の透明な油状液体で、主成分はオレイン酸が約55%であるが植物油脂には珍しくパルミトオレイン酸が ・・・続きを読む

温浸法 [maceration]

マセレーションともいい40?70℃に加温した牛脂や豚脂に花びらを入れ、香りを牛脂や豚脂に移行させた後、エタノールで溶剤抽出してアブソリュートを採る精油製造法.加温するところと花びらを牛脂や豚脂に投入するところが、冷浸法と異なる.温浸法で香りを吸着した牛脂や ・・・続きを読む

マセレーション [maceration]

温浸法

切削性 [machinability]

刃物による削りやすさの度合.化粧品においては、木軸、樹脂軸の鉛筆製品をシャープナーで削ったときの軸や芯の削れ具合のこと.実際は、木軸や樹脂軸の部分の削れ具合よりも、芯の部分の削れ具合を見ることのほうがおもで、鉛筆製品をシャープナーで削れなくなるところまで ・・・続きを読む

マシーンウェーブ [machine wave]

亜硫酸ソーダ(亜硫酸ナトリウム)などを使用し、加温してウェーブをつけ、毛髪にアルカリによる化学的な処理を行い、さらに電熱を用いて加熱する方法.現在はほとんど使われていない.(田端勇仁)

マシンレスウェーブ [machineless wave]

亜硫酸ソーダ(亜硫酸ナトリウム)などを使用して、機械を使わないでウェーブをかけ、マシーンウェーブで電極を使用する代わりに化学反応熱を用いる方法である.持続性がなく、ほとんど使われていない.(田端勇仁)

マクロファージ [macrophage]

大食細胞ともいい、血管内では単球とよばれる.これが組織に運ばれてマクロファージとなる.径約15?20 mmの単核細胞で、タンパク質分解酵素やリゾチームなどの酵素を多量にもち、貪食作用により取り込んだ物質を処理する.下等動物から高等動物まで生態防御機構において主要 ・・・続きを読む

大食細胞 [macrophage]

マクロファージ

メイラード反応 [Maillard reaction]

糖化反応

中身保護 [maintaining quality of content]

化粧品容器の大きな役割の一つで、商品が工場で生産された後、保管や輸送などの物流の過程や消費者の使用中に、中身の変質や変色、変臭が起こらないように保護する機能.中身の変質などは、温度、湿度、光などの環境要因や振動、落下などの物理要因、容器からの透過や溶出な ・・・続きを読む

用語検索

索引