LIBRARY ライブラリー

searchのマークが付いている項目は化粧品事典のサンプルとして本文をご覧いただけます。
化粧品事典には全ての項目の本文が記載されております。

「ま」 一覧 30件の項目があります。(1ページ目の1 ~ 10項目を表示)

マイカ [mica]

雲母ともいう.天然に産する含水ケイ酸アルミニウムカリウムの淡灰色無機粉末である.原石はおもに白雲母と金雲母の2種類が用いられているが、一般に白雲母のほうが含有不純物が少なく広範囲に使用されている.単斜晶系の結晶構造をもち、淡黄色または緑色の六角板状をなして ・・・続きを読む

マイクロエマルション [microemulsion]

ミクロエマルション

マイクロカプセル [microcapsule]

数mm?数百mmほどの大きさの微小な球状カプセル.そのままでは不安定な成分を保護したり、液体を粉体のように扱う目的で使用される場合が多いが、カプセルの素材や製法を工夫することで、薬物を目的部位に届けるドラッグデリバリーシステムにも応用される.化粧品に用いられる ・・・続きを読む

マイクロクリスタリンワックス [microcrystalline wax]

石油から得られるおもに炭素数31?70の炭化水素類の混合物.側鎖を有する炭化水素(イソパラフィン)が主成分で、このほかに直鎖炭化水素(ノルマルパラフィン)と環状炭化水素(ナフテン)を少量含んでいる.原油の種類、製法によって物性が異なり、精製の程度によって外観が ・・・続きを読む

マイルド性 []

シャンプーなどの洗浄剤におけるマイルド性とは、洗浄のさいに肌や毛髪への悪影響が少ないことをいう.シャンプー、ボディシャンプー、洗顔料などは肌や毛髪を清潔に保つ役割があるとともに、肌や毛髪にダメージを与えない品質をもつことも重要である.ヒトを対象とする洗 ・・・続きを読む

マカデミアナッツ油 [macademia nuts oil]

オーストラリア原産の常緑の中高木のマカデミアの種実を圧搾し、脂肪分を分離した後の液体油.ハワイ、オーストラリア、米国西海岸、ケニアなどで生産されている.無色?淡黄色の透明な油状液体で、主成分はオレイン酸が約55%であるが植物油脂には珍しくパルミトオレイン酸が ・・・続きを読む

マクロファージ [macrophage]

大食細胞ともいい、血管内では単球とよばれる.これが組織に運ばれてマクロファージとなる.径約15?20 mmの単核細胞で、タンパク質分解酵素やリゾチームなどの酵素を多量にもち、貪食作用により取り込んだ物質を処理する.下等動物から高等動物まで生態防御機構において主要 ・・・続きを読む

マシーンウェーブ [machine wave]

亜硫酸ソーダ(亜硫酸ナトリウム)などを使用し、加温してウェーブをつけ、毛髪にアルカリによる化学的な処理を行い、さらに電熱を用いて加熱する方法.現在はほとんど使われていない.(田端勇仁)

マシンレスウェーブ [machineless wave]

亜硫酸ソーダ(亜硫酸ナトリウム)などを使用して、機械を使わないでウェーブをかけ、マシーンウェーブで電極を使用する代わりに化学反応熱を用いる方法である.持続性がなく、ほとんど使われていない.(田端勇仁)

マスカラ [mascara]

ポイントメークアップ化粧品の一つで、まつ毛に塗布して、まつ毛を濃く長く見せたり適度にカールさせるなどして目元の美しさと表現力を高めるために用いる.まつ毛化粧料ともいう.色みはブラックやブラウンが一般的だが、ブルーやパープル、グリーンなどの鮮やかなもの、 ・・・続きを読む

用語検索

索引