LIBRARY ライブラリー

searchのマークが付いている項目は化粧品事典のサンプルとして本文をご覧いただけます。
化粧品事典には全ての項目の本文が記載されております。

「よ」 一覧 17件の項目があります。(1ページ目の1 ~ 10項目を表示)

陽イオン性界面活性剤 [cationic surfactant]

水に溶かしたとき、イオンに解離して親水基の部分が陽性に帯電する界面活性剤のこと.カチオン性界面活性剤ともいう.陰イオン性界面活性剤とは逆の構造を有していることから、逆性石けんともよばれ、アルキルトリメチルアンモニウム塩、ジアルキルジメチルアンモニウム ・・・続きを読む

容器形態 [feigue of container]

化粧品の内容物はスキンケア、メークアップ、ヘアケア、ボディケア、フレグランス製品など多岐にわたっており、内容物の性状も化粧水状、乳液状、ジェル状、クリーム状、ペースト状、粉末状などいろいろなタイプがある.したがって容器もその内容物の性状、使用目的に応じ各 ・・・続きを読む

容器の安全性 [safety of container]

容器の安全性は、素材の安全性と使用時の安全性とに大別される.素材の安全性化粧品容器には食品容器のような法的規制はないが、通常は内容物と容器が接触しており、内容物を皮膚に直接塗布して使用するため、一般には食品容器に準じた素材が使用されている.使用される素材 ・・・続きを読む

容器の加飾方法 [decoration of container]

製品の商品性を高めるために意匠の一部として、あるいは高機能化を目的に、化粧品容器にはさまざまな表面加飾が施される.その種類には以下の方法がある.(1)印刷印刷にはインキ層が厚く立体感のあるシルク印刷、三次曲面にも印刷可能なパッド印刷、大量生産に適したオフセ ・・・続きを読む

容器の機能性 [functional design of packaging]

中身の保護機能、耐中身適性、容器の耐久性といった三つの基本機能を容器の機能性という.どんなにファッショナブルで美しい容器であってもすぐ壊れたり、使いにくかったら商品の魅力を大きく損ねてしまうので、工場で商品がつくられてから消費者の手に渡るまで、また消費者 ・・・続きを読む

容器の遮光性 [light blocking effect]

化粧品に配合される成分には、紫外線や可視光線によって変質・劣化を生じるものがある.ここでは、可視光線から内容物を保護する方法(遮光方法)について述べる.容器を遮光するには、以下の方法がある.(1)遮光性のある顔料を容器に練り込む、またはコーティングする方法 ・・・続きを読む

容器の使用性 [usability of container]

化粧品容器には、デザインや中身の性状などに応じてさまざまな種類の容器が使用されている.そうした容器の開けやすさ、もちやすさ、中身の出しやすさなど容器の使い勝手、使いやすさ全般を容器の使用性とよぶ.容器の使用性は、設計段階から、実際に使う人、使われる場面を ・・・続きを読む

容器の成形方法 [molding methods of container]

無形の素材を一定の形状にする工程を一般に成形と称している.化粧品容器はプラスチック金属ガラスなどの素材でできているが、これらの素材を化粧品それぞれに適した形状(たとえばクリームを入れる広口ジャー容器エアゾール用の缶、香水を入れる瓶など)に ・・・続きを読む

容器の設計 [packaging design]

容器の設計に必要な項目は中身保護容器の使用性容器の安全性、販売促進性、適正包装、環境対応である.(佐藤達夫)

容器の素材 [packaging material]

化粧品容器の素材としては内容物の保護性、内容物の性状との適性、使用機能性、デザイン性など、いろいろな目的に応じて各種の素材が使用されている.おもに使用されている素材としては、プラスチック(合成樹脂または略して樹脂)、ゴム、エラストマー金属、ガラス ・・・続きを読む

用語検索

索引